2017年9月12日火曜日

堀尾輝久さんの「九条に込めた思い:幣原喜重郎と日本国憲法」、ウェブで読めます


 民医連(全日本民主医療機関連合会)の機関誌『いつでも元気』が、2017年7月号から9月号まで3回にわたって、「九条に込めた思い:幣原喜重郎と日本国憲法」と題する記事を連載しました。

 初回の前書きは、「日本国憲法が施行されて70年。安倍政権が改憲を目論むなか、憲法の成立過程にも注目が集まっています。今号から3回連載で、憲法第九条の成立過程について堀尾輝久さん(東京大学名誉教授)にうかがいます」と述べています。堀尾さんは「九条地球憲章の会」の世話人代表でもあります。

 各回のタイトルは下記の通りで、タイトルをクリックすると民医連のウェブサイトにある全文をご覧になれます。
 堀尾さんは最後に、「九条は日本の平和だけではなく世界の平和を求めるものであることは、憲法前文を読めばお分かりいただけるでしょう。日本国憲法はまさしく積極的平和主義であり、この精神を世界に広げることこそが憲法の理念です」、「まずは国内で九条を根付かせる運動を強めていきたいと思っています」と語っています。皆さん、ぜひお読みください。

2017年9月10日日曜日

「安倍9条改憲 NO! 全国市民アクション」の運動が始まりました——「九条の会」メルマガ第263号


 「九条の会」メルマガ第263号(2017年9月10日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。
  • 事務局からのお知らせ
    • 九条の会はこの度結成された「安倍9条改憲 NO! 全国市民アクション実行委員会」に参加し、安倍9条改憲NO! の3000万人署名運動などを共に進めることにしました。全国の九条の会のみなさんも各地でこの方向で協力して頂けますよう訴えます
    • 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
    • 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」完成発売中
    • 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
    • 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
    • コープ9条の会(静岡県浜松市)
    • 佐野九条の会(栃木県佐野市)
      など
  • 活動報告
    • 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
    • 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会 in とやま)
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~安倍9条改憲 NO! 全国市民アクションの運動が始まりました
 安倍晋三首相らが企てる9条改憲を阻むために、お互いが正念場と思います。全国の津々浦々から行動を起こしましょう。

2017年9月5日火曜日

『「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション」9・8キック・オフ集会』(東京)のお知らせ


 表記の集会が下記の通り開催されます。
  • 日 時:9月8日(金)18:30~20:30
  • 場 所:なかのZERO大ホール(JR中野駅南口徒歩5分)
  • 入場料:無料(カンパのお願いあり)
  • 内容:発起人挨拶、松元ヒロさんライブ、ミニ講演、経過報告、行動提起ほか。
  • 連絡先:
    • 戦争をさせない1000人委員会 TEL 03-3526-2920
    • 憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL 03-3221-4668
    • 戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター TEL 03-5842-5611
 上掲のちらしイメージをクリックすると拡大版をご覧いただけます。

 なお、9月4日に行われた「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション」発起人らの記者会見の記事が、こちらこちらこちらなどでご覧になれます。

2017年8月25日金曜日

安倍9条改憲への警戒を緩めず、広範な人びとの結集で反撃態勢を!——「九条の会」メルマガ第262号


 「九条の会」メルマガ第262号(2017年8月25日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。
  • 事務局からのお知らせ
    • 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
    • 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」完成発売中
    • 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 栄・池田九条の会(埼玉県新座市)
    • 富士見九条の会 (埼玉県富士見市)
    • 商社九条の会・東京(東京都)
    • 川崎市生田9条の会(神奈川県川崎市)
      など
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~安倍首相は改憲をトーンダウンさせたようにみえますが
 8月3日、内閣改造後のNHK TVで安倍首相は「(改憲について)日程ありきではない。どうしていくかは党と国会に任せたい」と述べ、先の「秋の臨時国会で党改憲案を提出する」との公言を「軌道修正」した。しかし、安倍首相は自らの最大の政治目標である改憲をあきらめたわけではない。それどころか、機をみて改憲を推進する意図を放棄していない。
 自民党の高村正彦副総裁(党改憲推進本部顧問)は8月15日、時事通信のインタビューに応じ、安倍首相が党内議論に委ねる姿勢を示している次期臨時国会への自民党憲法改正案の提出方針について「できればそうしたい。最初からスケジュールを放棄するのはよくない」と述べ、方針は堅持すべきだとの考えを示した。
 私たちは安倍9条改憲への警戒を緩めず、広範な人びとの結集で反撃する態勢を急速に作り上げる必要がある。

2017年8月23日水曜日

本会ニュース『憲法九条だより』33号発行


 本会ニュース『憲法九条だより』33号(2017年8月30日付け)が発行されました。上掲のイメージをクリック・拡大して、ご覧下さい。